DSC_0254





観てきました。


ガメラ2。


結論から言うと、めちゃめちゃおもろかったです。


2回観ましたが、2回目も面白かった。





ガメラ第一作を観たあとで自分なりに怪獣映画とはなんなのか、


その歴史、観るべきポイント、楽しみ方などを


あれこれ調べて考察しました。


そして、怪獣映画との向き合い方の正解へたどり着いたのです。









怪獣映画に理屈を求めてはいけない。







これです。


理屈じゃないんだ、怪獣は。





DSC07197
甲羅活かさなくてもいい。






ガメラは足から爆煙を噴き出して飛ぶ。


(体内にロケットエンジンでも搭載してなきゃ無理だろ!)


みたいなことは、考えてはいけないわけです。




飛びたいから飛ぶ。


飛んだほうがカッコいいから飛ぶ。


それで良いんです。




そんな小さなことよりも、


精巧に造られた街並みのミニチュア。この再現度。


吹き飛ぶ瓦礫の飛び散りかた。


言葉を発しない怪獣たちの心情。


右往左往する人間たちの群像劇。


こういったところを観るものなんです。


理屈は引っ込めて、乗っかる。


コレです。



プロレスを観るときに


(八百長なんでしょ)


という視点で観戦すると楽しめないのと一緒。





いや、樋口真嗣特撮監督。


素晴らしい仕事ぶりでした。





DSC07194







で、こうなってくるともう一方の怪獣映画である


『ゴジラ』のほうも気になってくるんですね。



調べてみるとゴジラの方が歴史もあり、作品数も多くて興行成績も良い。


対戦相手もやれモスラだやれキングギドラだと


著名な好敵手がいるわけですね。





 やってほしいわけですよ。


『ガメラvsゴジラ』。


やってないんですよ。


日本映画が誇る二大怪獣が対戦してない。


これはどういうことなのか!


気になったんで、映画に詳しい人に聞いてみたんですね。


するとその人はこう言いました。









「東宝が嫌がってるんでしょ」







……なるほど。


ガメラは大映、ゴジラは東宝。


怪獣は、会社が違うと闘えないのか。


猪木と馬場みたいなもんか。


そういうところは、



そういうところは、妙に



理屈っぽいんだな。



ガメラ3も観てみたいです!




DSC07191

Add Comments

名前
 
  絵文字